2016-04-21

wxWidgetsのコンパイルオプション

自分がWindows環境でコンパイルする時のオプションのメモ。

静的リンクにして、wxWidgetsを利用したWindowsアプリケーションを配布する時にexeファイルだけ渡せば済むようにコンパイルするのを目的としている。

./configure --enable-monolithic ----disable-sys-libs --disable-shared --enable-static --enable-cxx11 --enable-stl --with-cxx=14 --disable-threads

monolithic にするのは、複数にわかれてても面倒なので。

disable-sys-libs は、ビルド環境にDLLしか無いのにwxWigetsが依存して結局そこだけ動的リンクになるのを防ぐため。

disable-shared、enable-staticはそのままの意味。

c++11関係は半分趣味だが、C++のバージョン次第で標準C++ライブラリのABIが変わりうるので 最新のC++でコード書くつもりならこうしておいた方が良いと思う。

disable-threadsは、スレッド書くならC++標準のを使うし、ビルド環境のwinpthreadsライブラリとかに依存されても面倒なので。

ひとつ上へ